Activities

講座内容

ジュニアコンディショニングトレーナー養成講座(JCT)

ジュニアコンディショニングトレーナー養成講座イメージ

コンディショニングトレーナー入門講座です。
10年後も健康で元気な方を増やすには高負荷なトレーニングをする前にやるべきことがあります。
現代人を歪んだカラダのままトレーニングさせるのは歪みを助長するだけです。
その前に「筋肉を元ある状態」にすることが必要です。
それは、言語指導からクライアントの状態を見極め、「小さな揺らぎを与える」「正しいポジションへ導く」などのテクニックと指導法により実現できます!
JCTはこれらを習得できる唯一の養成講座です。
グループ指導をはじめ、これからパーソナル指導を始めたい方、すでに行っている方にもすぐに役立つ内容です。

対象者

CI(コンディショニングインストラクター)、CT、PCT認定者。
または、NCA会員登録をされ以下の資格を保有する方:NSCA、JATI、日体協AT、NASM、NATA、NESTA、医療系国家資格 ※学生特典アリ!詳しくはお問合せ下さい。
また、実技練習が長時間に及ぶため、以下の姿勢がとれる方が対象です。
・仰向けに寝る(ポールも含む)・膝つき・長座姿勢

カリキュラム・特徴

※講座日程最終日に日程試験(筆記)あり
※テキスト、ボディコンディショニングポール付き!

  • ジュニアコンディショニングトレーナーとは
  • 機能解剖学(基礎)
  • モニタリング・姿勢の見極め
  • より効果的なリセットコンディショニングとは
  • より効果的なアクティブコンディショニングとは
  • 筋肉や骨格の分析(モニタリング基礎)
  • バーバル&コンタクト指導のポイント
  • ボディコンディショニングポールを用いた指導
  • 筆記試験

受講者の声

  • コンディショニングインストラクターの認定資格を取得後、グループでレッスンをしていて、口頭だけの指導に限界を感じていました。リセットで脱力出来ない方が多く、なんとかしたくて本講座を受講。少しサポートするだけでこんなに脱力がうまくいくのだと、自分の身体で即実感し、感動しました!
  • いきなりパーソナルトレーナーの講座を受けるのは自信がなかったので、受講しました。これが、あまりに効果がでるので、ビックリ!少しトレーナーがサポートするだけで、こんなにカラダがみるみる改善するものかと・・・。3日間で自分のカラダの不調が完全に改善されました!
  • ペアワークを通じて、今までCIで習った基本のコンディショニングの効果を半分も引き出せていなかったと痛感!正しいフォームの見極めがはっきりわかり、グループレッスンの効果も上がりそうです!
  • 受講中は、習った種目を家族を相手に何度も復習をしていました。3日後には別人のように上半身の緊張がとれ、毎日練習してほしいといわれるほど、調子が良くなりました。コンディショニングポールにも積極的に自分で乗って、セルフコンディショニングを行うまでに!効果がでるとモチベーションが上がりますね。

修了後の進路

認定試験(筆記)に合格し、認定登録をされると、「認定ジュニアコンディショニングトレーナー(JCT)」会員となり、会報誌送付、受講料割引などの様々な特典が受けられます。
次のステップとして、コンディショニングトレーナー養成講座(CT)を受講し、パーソナル指導に必要な機能解剖学・運動生理学、指導スキルやテクニックを習得すると、コンディショニングトレーナーとして活躍することができます。(認定試験あり)

ジュニアコンディショニングトレーナー養成講座
(JCT)講座日程を見る