Activities

講座内容

ジュニアコンディショニングトレーナー養成講座(JCT)

ジュニアコンディショニングトレーナー養成講座イメージ

コンディショニングトレーナー入門講座です。
10年後も健康で元気な方を増やすには高負荷なトレーニングをする前にやるべきことがあります。
現代人を歪んだカラダのままトレーニングさせるのは歪みを助長するだけです。
その前に「筋肉を元ある状態」にすることが必要です。
それは、言語指導からクライアントの状態を見極め、「小さな揺らぎを与える」「正しいポジションへ導く」などのテクニックと指導法により実現できます!
JCTはこれらを習得できる唯一の養成講座です。
グループ指導をはじめ、これからパーソナル指導を始めたい方、すでに行っている方にもすぐに役立つ内容です。

対象者

CI(コンディショニングインストラクター)、CT、PCT認定者。
または、NCA会員登録をされ以下の資格を保有する方:NSCA、JATI、日体協AT、NASM、NATA、NESTA、医療系国家資格 ※学生特典アリ!詳しくはお問合せ下さい。
また、実技練習が長時間に及ぶため、以下の姿勢がとれる方が対象です。
・仰向けに寝る(ポールも含む)・膝つき・長座姿勢

カリキュラム・特徴

※講座日程最終日に日程試験(筆記)あり
※テキスト、ボディコンディショニングポール付き!

  • ジュニアコンディショニングトレーナーとは
  • 機能解剖学(基礎)
  • モニタリング・姿勢の見極め
  • より効果的なリセットコンディショニングとは
  • より効果的なアクティブコンディショニングとは
  • 筋肉や骨格の分析(モニタリング基礎)
  • バーバル&コンタクト指導のポイント
  • ボディコンディショニングポールを用いた指導
  • 筆記試験

修了後の進路

認定試験(筆記)に合格し、認定登録をされると、「認定ジュニアコンディショニングトレーナー(JCT)」会員となり、会報誌送付、受講料割引などの様々な特典が受けられます。
次のステップとして、コンディショニングトレーナー養成講座(CT)を受講し、パーソナル指導に必要な機能解剖学・運動生理学、指導スキルやテクニックを習得すると、コンディショニングトレーナーとして活躍することができます。(認定試験あり)

ジュニアコンディショニングトレーナー養成講座
(JCT)講座日程を見る