Trouble Solution

お悩み解決

コンディショニング指導のお悩みを解決

困った!

「圧しさする」をうまく伝えていく方法は

リセットコンディショニングの手順は「さする」「圧しさする」「圧し動かす」と講座で学びました。リセットは丁寧にきちんと行うことが効果を出す肝になると思い、かなり丁寧に「さする」「圧しさする」「圧し動かす」を行っているのですが…。どうしても「さする」「圧しさする」の違いが分からないのか? 「圧しさする」のところでも、「さすっている」もしくは「ゴリゴリと揉んでいる」方がいらっしゃいます。「指で筋肉を圧しわけるように」「指の腹でちょっと圧をかけて、圧しながら動かすんですよ」と声をかけているのですが、どうしても、揉んでしまう人、さすっているように見える人の修正がうまくできません。ここがうまくできないと、リセットされた感覚が薄れる気がしてしまうのですが…。「圧しさする」をうまく伝えていく方法はないものでしょうか?

解決!

たしかに、おっしゃる通り、リセットコンディショニングは「さする」「圧しさする」「圧し動かす」の順番で行うように講習してきました。ただ、やはり「さする」と「圧しさする」と「揉む」の違いが分かりづらい方が多いのですね。痛みがある場所を見つけてしまうと、気になってしまい「ゴリゴリする」「揉む」という動作に結びついてしまうのかもしれません。高桑ドクターと共同研究を進めていく中でも、やはり議論に上りました。さまざまな議論を重ねて、現在は「圧しさする」はテキストから削除し、「さする」「圧し動かす」の2ステップで指導するようにと、講座での内容を変更しています。「圧し動かす」というテクニックは、筋肉を動かす指導になります。筋肉の動きを理解して、「圧し動かす」の圧す位置や動かし方が正しく、筋肉の収縮が行われていると、「圧しさする」のステップを踏まなくても、きちんとリセットされていきます。筋肉の弾力がみるみる「圧し動かす」で戻ってくるのが感じられます。まずは、会員の皆さんも、ご自身で「さする」「圧し動かす」の2ステップでの変化を感じてみてください。また、講習やワークショップでは、詳しく紹介をしていますので、ぜひ一度、受講してみることもオススメします。コンディショニングは日々、進化し続けることで、いろんな方々の心身のケアをより的確に、より改善できるようサポートしていきます。

困った!

首の緊張が抜けない方

以前は「肩こり」を訴える方が多かったのですが、”首こり”という言葉がメジャーになったせいなのか「首こり」を訴える方が増えています。
 たしかに、首の前が張っている方や首が前へ突き出している方、緊張が強いせいで頭痛がある方も中にはいらっしゃいます。
 いつも、背骨まわりの緊張をリセットしたあと、首まわりのリセットコンディショニングを行うようにしているのですが……。どうしても、首の緊張が抜けない方が多くいらっしゃり、困っています。座った状態でなるべくリラックスして、首まわりをリセットしていくのですが、背骨の緊張も強いせいなのか、首こりの軽減を感じられない方が多いのです。もう少し時間をとって行うべきなのか? 先に行うリセットの順番が間違っているのか?なにかいい方法がありましたら、教えてください。

解決!

「首こり」はたしかに、ここ数年、テレビや雑誌、書籍などで言われてきたこともあり、肩ではなく「首」の疲れを訴える方が増えているのかもしれませんね。「首こり鬱」なんて言葉を、あるドクターが雑誌に書いていたのは2~3年前でしょうか。
 首まわりの緊張が強い方は、肋骨の緊張も強いはずです。ストレスにより、首が緊張し、横隔膜の動きにも影響を与えるので、呼吸も浅いのが特徴ではないでしょうか?
 そんなときは、まず簡単コアトレの背骨リセットをどれだけ丁寧にやって頂けるかがポイントになります。
 次に首の緊張が強いのであれば、座位や立位ではなく、仰向けに寝た状態で首のリセットを行ってみてください。このとき、タオルを持参頂けていれば、タオルを首の下に入れ込むと、より脱力しやすくなります。
 さらに、首のリセットばかりに気を取られず、きちんとブレスコンディショニングも行うことです。リセット時になかなかリセット感がない、辛さが抜けない方も、強制呼気やうつ伏せ呼吸を行うことで、首の位置が安定し、辛さや疲労感が抜ける方もいらっしゃいます。
 常に10キロ以上の頭を支えている首は疲れやすい部位のひとつです。重力から解放した状態を作ってあげるよう努めてみてください。

困った!

長座が苦手・できない方への指導のヒント

コンディショニングのグループレッスンで必ず数名いらっしゃるのが、フットコンディショニングが苦手な方です。
「長座で座れない」「長座で座っていると腰が痛い」という方が一番多く、無理な体勢でコンディショニングを続けても、脱力ができないままで効果も出にくいのです。また「骨盤の後傾が大きく、足の指が触りづらい」「呼吸を止めてしまう」という方もいらっしゃいます。こういう方々は、クルクルトントンのときも、姿勢が苦しいせいか、足に力が入ってしまい、うまくコンディショニングができません。自宅で行うのも「辛い、疲れるから……」と敬遠されがちです。一番、効果を実感してもらいやすい、そしてフットが整うと姿勢や動作の改善にも繋がると思い、短い時間でも取り入れたいのですが、このような方々が楽にフットを行えるためにできることはありますか? できれば自宅でも継続して貰いたいのですが……。

解決!

フットコンディショニングをスタートした当時から、この質問は本当に多く、多くのインストラクター、トレーナーが伝えること、実践してもらうことに苦労をしているようですね。フットコンディショニングで重要なのは、下半身を脱力してもらうことです。どんな体勢でも、脱力しながら行うことができれば、効果が出て、次第に体勢も楽になっていきます。なので「長座がつらい」「長座だと腰が痛い」という方には、
①ハーフのストレッチポールの上に座って行う。
②お尻にタオルなどを敷いてみる。
この2点をおすすめします。骨盤が立つぐらいの高さをタオルなどで作ってあげると、下半身の力は抜きやすくなるでしょう。
 また、それでも「足指を触るのが大変」「呼吸を止めてしまう」など、体勢が辛い方は、
③壁に寄り掛かった状態で行ってみる。
④椅子に座って行ってみる。
など、いくつか試しながら、お客さまが脱力できる体勢を見つけてあげることが大切です。クラスの多くの方がやりづらさを感じているのであれば、先に骨盤まわりのリセットを行ってからフットコンディショニングへ入るのもいいですね。

困った!

脱力できない方への指導のヒント

年齢には関係なく、脱力できない、脱力する感覚がまったくわからない…という方が多いんです。実はクラスの半分以上が力が抜けない。そんな中でも、2回、3回と続けることが大事と思っているのですが、とくに上半身の脱力ができない人が多く、どう伝えたら? もっと効果的な方法はあるのかな?と模索中です。たとえば、立位での背骨リセットです。上半身をダラッと前へ倒すのも辛い、息苦しいと感じる方がいらっしゃいます。もちろん、その状態では腕の力どころか、上半身全体の力を抜くことが難しいです。次に一番多いのが、腕の力が抜けない方。ぶらぶらとさせることができない。小さな動きだとイラっとして、すぐに次へ行きたくなる方や、すぐに身体を起こしてしまう方がいらっしゃいます。このような方々が多い場合、どんなふうに伝えてみると、身体がふっと軽くなってくださるのでしょうか?

解決!

普段の生活中で、また今まで過ごしてきた環境の中でも「力を抜く」時間を、ほとんどの方が経験していません。学校でも家でも「姿勢を正して!」「ダラダラしない」「頑張れ!」といわれることが多いので、”頑張らないで力を抜いて”といっても、ピンとこない方が多いのでしょう。赤ちゃんを観察していると分かるのですが、私たち人間は、背骨まわりのリセットは寝ているときに行うんですね。でも、大人になるにつれ、寝ているときも筋肉の緊張が続き、リセット感が感じられない方が多いようです。そんな話をしながら、頑張るだけじゃなく、力を抜くことも大事であることを伝えてみましょう。そして、口頭でできることは……
 ①まずは自分がやって見せてあげることです。流れの中で、ここを省いてしまうと、脱力している様子が分からず、力が抜けない方が増えます。
 ②口頭では手が少しずつ重くなって、それにつられて、身体が前へ倒れる感覚……など。身体を倒すことや背骨の話はしないことです。
 ③身体を深く倒したり、少し浅めに戻したりしながら、楽だな~と感じる場所を探してみましょう。
 と、心地よい位置を自身で見つけてもらう。そこに時間をかけられるよう、その間に力を抜く大切さなど、マメ知識を伝えてみては。

困った!

足首まわしで足指の間に手が入らない方への指導のヒント

足首まわしを行うとき、足指の間に指が入らない方がクラスに数名いらっしゃいます。少人数のクラスであれば、その人の前に行き、入るところでまわせるよう指導できるのですが、手が届かない人数になると……「これで合っているのかな?」「痛い!」と、リラックスできていない表情の方をみつけても、フォローできない場面が多々あり、なんとかしたいなぁと感じています。リセットコンディショニングを行うときは、そこを脱力させて行うことが重要だと思うのですが、足指と握手できない方は、脱力することは難しいですよね。握手ができない方ほど、丁寧に足のリセットコンディショニングを行って欲しいのに、できない……。足の筋肉が硬く、全体的に冷えていて、辛いようなのです。また、長座の姿勢が辛いため、自分の足を触るのが辛い方も。足をリセットしている間に、みるみる呼吸が浅くなり、肩に力が入ってしまう人は、効果実感も少ないよう。改善したいのですが、よい方法はあります

解決!

足が冷える時期には、足指の間に手の指を入れると「痛いっ!」とおっしゃる方が急増しますね。触れてみると、足指がひんやりしている方も。冬は寒くて当然なので、冷えを意識して、ゆっくりお風呂に浸かる方も多いのですが、注意が必要なのが夏です。 
 冷房による冷え、素足の人が増えることでの冷え、暑いからと湯船に浸からない、浸かる時間が短くなるなど、実は足が冷えてしまう要因がいっぱいです。そういう季節は、まず自分の足を触る習慣をお伝えしてみましょう。それだけでも、日々の足が冷たいとか、少し温かいとか変化への気づきになります。
 そして、痛がる方がいらっしゃる場合は「指を入れて痛い方は、足指まわしや指分け」を誘導してみます。足指まわしを多めに行うことで、足指と手の握手がスムーズになることを実感させてあげてください。それが、日々、足指をまわす習慣へ導くはずです。
 また、定期的に通っている方で、そういう方が多いクラスであれば、2人1組で交互にやり合う方式を取り入れたらどうでしょう。セルフコンディショニングを行うときに、他人にやって頂いた感覚、とくに気持ちいいという方は、重要になりますよね。それに、長座がつらいという方も、足を預ければいいので、楽になるはず。長座がつらい人には椅子やマットをあらかじめ用意しておくといいです。