About
Conditioning

コンディショニングとは

NCAのコンディショニングとは、
身体の調子が整う(Good Conditionになる)ことを
目的とした運動です。

概念と方法

当会では、全身の200の骨と650の筋肉、リンパと血管、そして神経を人体の構成要素と捉え、それらを整える約300種類の動作を組み合わせた運動方法「コンディショニング」を提案します。
コンディショニングを、身体の状態にあわせて、処方することで、骨配列や筋肉が整い、人が本来もっている身体能力をスムーズに発揮できる状態を作りだします。

更に、生活の中へ組み込む心理要素を加え、習慣化することで、「快習慣」が身体に定着し、心の安定性も生まれるのです。
これらのことからスポーツのパフォーマンスの向上、疲れにくい身体、また様々な不調(こり・むくみ・肥満・慢性痛・冷え)を解消します。

近代日本人の身体とコンディショニング

昨今の日本人は「身体の不調」を訴える方が増えています。その方々の多くは、さまざまな不調を、遺伝や体質だと思っていたり、日々「仕方ないと」あきらめて過ごしていたりするようです。
また、アスリートの中にも、便秘や下痢が常習、関節の痛みは仕方ないと思っている方もいます。筋肉を動かす運動は、私たちを「健康」へと導いてくれます。

しかし近代社会は、年々便利になり、筋肉を使わない生活となり、更に、運動に割く時間もない。
その結果、使われている筋肉は、疲労が溜まり硬くなり、使われない筋肉は萎縮して硬くなります。
それが不調の原因となっています。

そんな不調を訴える身体に、運動が大切だと、週末に無理やり運動をしたり、アスリートや、運動至上主義で、運動のし過ぎの方もいます。
このような近年の傾向において当会の運動で、まず身体を「良い状態」へと導くことを提案します。

「良い状態」とは『自然体=身体が持っている当たり前の反応を出来る身体の状態』です。
このコンディショニング(運動)は、それを手に入れられる運動です。
ほんの少しの時間と、手間をかけておこなうだけで、私たちの身体はみるみる変わり、不調は改善され、能力は向上します。それを自分で自分の身体に合わせておこなう事が出来る方法が、わたしたちの推進するコンディショニングです。